採用担当者のプロフェッショナル化を目指す

我が国における人材マネジメントは、大きな変革期に差し掛かっています。
ジョブ型人事制度を導入し、現場からは、プロフェッショナル人材が求められているのもそのひとつです。

新卒採用では、コース別採用が進む中、私たち新卒採用担当者は、ゼネラリストのままで良いのかという課題も議論されています。
採用のプロフェッショナルとは何か。
ジョブ型に移行済みの企業、メンバーシップ型を維持する企業の双方が、今改めて考える時期でしょう。

本講座では、理論と実践のすり合わせをすること、進化した採用思想や手法の取り入れなどを学び、自社の採用チームのデザインを再構築する力を養い、採用担当者のプロフェッショナル化を目指します。

プロフェッショナルな講師陣とともにご一緒に学びましょう。
採用変革リーダー養成講座コーディネーター
楠田 祐

PROFILE

略歴

NECなど東証一部エレクトロニクス関連企業3社の社員を経験した後にベンチャー企業社長を10年経験。
中央大学大学院戦略経営研究科(ビジネススクール)客員教授を7年経験した後、2017年4月よりHRエグゼクティブコンソーシアム代表に就任。2009年より年間数百社の人事部門を訪問し続け、人事部門の役割と人事のキャリアについて研究。2015年は日テレnews zeroのコメンテーターを担当。現在は人事向けラジオ番組のパーソナリティ担当及び10年連続年間50回以上セミナー登壇。多数の企業で非常勤取締役や顧問なども担う。
シンガーソングライターとしても活躍。

著書

「破壊と創造の⼈事」(出版:ディスカヴァー・トゥエンティワン)2011年は、Amazonのランキング会社経営部⾨4位(2011年6⽉21⽇)を獲得した。
最新の著書は「内定⼒2017〜就活⽣が知っておきたい企業の『採⽤基準』」(出版:マイナビ)

本講座の目的

働き方の多様化・雇用の流動化が進む中、経営を見据えた採用戦略の企画・立案・実行ができる「採用のプロフェッショナル」育成が急務です。採用の「変わるべきものと変わらざるべきもの」とは何かを理論的及び先進的な講義を通して考える力を養うことで、自社の採用戦略について再考することを目的とします。

到達目標

採用のプロフェッショナルとして、自社の採用活動に変革をもたらすための見識を持つこと。
  • 本講座は新卒採用において、上記の主旨・目標を達成するための講座ですが、受講は新卒採用ご担当者様に限りません。
    人事のスペシャリストを目指す方も是非ご参加ください。

Instructor講師

  • アドビ株式会社
    ⼈事部 シニアマネージャー
    杉本 隆⼀郎
  • ヒューマン・ラポール研究所
    代表
    奥⽥ 英⼆
  • 慶應義塾⼤学
    システムデザイン・マネジメント研究科
    特任助教
    佐藤 優介
  • グーグル合同会社
    人事部
    採用チームマネージャー
    ⽟⽊ 尚宏

Curriculumスケジュール・カリキュラム

  • 第1講

    オリエンテーション

    20220121日(金) 18:00〜21:00
    1. 基調講義
    1. オリエンテーション
    1. 受講者自己紹介
  • 第2講

    タレント・アクイジション

    20220128日(金) 18:00〜21:00
    激しい人材獲得合戦が繰り広げられる昨今、求人への応募者の中から適切な人材を選ぶ「リクルーティング」から、人材獲得をより広範囲に渡って戦略的に推進する「タレント・アクイジション」への進化が求められています。本講義では、タレント・アクイジション組織の役割及び担当者に求められるスキルセットについて理解し、経営に貢献する採用組織のあり方について学びます。
    1. タレント・アクイジションとは?
      1. 採用活動の変遷とタレント・アクイジション
      2. 従来型採用活動との違い
    2. タレント・アクイジションを支える組織体制
      1. 採用プロセスと役割分担
      2. 採用担当者に求められる要件
    1. タレント・アクイジションの実践
      1. 人員計画と採用計画立案・実行
      2. 採用ブランディングの構築
      3. 母集団形成とパイプライン思考
      4. パーソナライズされた候補者体験
    アドビ株式会社
    ⼈事部 シニアマネージャー
    杉本 隆⼀郎

    PROFILE

    上智大学卒業後、一貫して人事業務を8年間経験した後、2006年楽天株式会社に入社。営業職・エンジニア採用及び幹部候補層の採用をリード。2012年LinkedIn日本法人立ち上げに人事責任者として参画し、日本におけるビジネスSNS及びダイレクトソーシングの普及に関わる。その後再び人事・採用領域に軸を戻し、アクセンチュア株式会社、日本アイ・ビー・エム株式会社で新卒・中途採用責任者として毎年1000人以上の人材採用をリードし、2019年9月より現職。採用におけるパーソナライズアプローチの実践によりアドビの人材採用を推進している。
  • 第3講

    構造化⾯接と適性検査

    20220210日(木) 18:00〜21:00
    採用面接を構造化することで、面接官の主観的判断を避け、評価のバラツキを抑えることが期待できます。また、企業と学生とのミスマッチを減らすために、適性検査は有効な判断材料を提供するでしょう。しかし、どちらの技法にも落とし穴があります。両者のメリット・デメリットを考えながら、ストレス耐性やレジリエンスの視点も加え、効果的な組み合わせ方について学びます。
    1. ミッション、ビジョン、バリュー、パーパスを採用担当者はどう捉えるか
    2. 構造化面接の理論と実践
      1. 採用面接の目的
      2. 構造化面接のメリット・デメリット
    1. 適性検査の理論と実践
      1. 適性検査の目的
      2. 適性検査のメリット・デメリット
        • 能力・スキル(=コンピテンシー)
        • 個性(タイプと特性)
        • ユーストレスとディストレス
        • ストレス耐性とレジリエンス
        • ポテンシャルの探求
    1. 「構造化面接」の将来像
    ヒューマン・ラポール研究所
    代表
    奥⽥ 英⼆

    PROFILE

    東京大学卒業後、沖電気工業株式会社で現場実務、米国勤務、国際人事グループ長を経験後、ソニー株式会社に転職。組織開発、タレントマネジメント等、人事畑ひと筋にキャリアを展開。ソニー退職後、ヒューマン・ラポール研究所を立ち上げ、現在、組織開発コンサルタントとして企業を中心にサービスを提供している。保有資格は、1級キャリアコンサルティング技能士、組織人事監査協会認定シニアパーソネルアナリスト、TA心理カウンセラー等。
  • 第4講

    採用部門の組織デザインと分析設計

    20220225日(金) 18:00〜21:00
    採用で成果をあげている企業の人事部門では、分析や振り返りを行った上で採用戦略を立案し、それらに基づいて適切な施策を推進していることが明らかになっています。 本講義では、そのようなHRアナリティクスに基づいた人事施策の推進を目指す「採用部門の組織デザイン」について学びます。
    1. 組織デザインの重要性
      1. 組織デザインとは何か
      2. 成果を出す採用部門の組織デザインとは?
    2. 採用部門の組織デザイン
      1. 自社の課題および目標の定義
      2. 課題の要因分析(HRアナリティクスの活用)
      3. 課題に対する解決施策をアイデア創出(デザインシンキングの活用)
    1. 人事施策の推進に向けた取り組み
      1. 施策アイデアを実現する計画の作成(HRテクノロジーの活用)
      2. 自社で導入するためのストーリー作成(ストーリーテリング)
    慶應義塾⼤学
    システムデザイン・マネジメント研究科
    特任助教
    佐藤 優介

    PROFILE

    早稲田大学政治経済学部卒業後、アクセンチュア株式会社に戦略コンサルタントとして入社。主に金融機関向けの戦略プロジェクトに参画し、戦略立案からリスク判定の統計モデルを構築。その後人事部へ異動し、中途採用担当を経て新卒採用責任者および人事戦略を兼務。2020年4月から慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科の特任助教に就任し、人事・組織論、組織デザイン、HRアナリティクスなどを中心に研究を進めている。
  • 第5講

    “Candidate Experience”企業の採用力を高めるために

    20220311日(金) 18:00〜21:00
    「採用活動」は本質的には候補者と企業の「マッチングプロセス」であり、採用活動を通して候補者に良い体験を届けることが、候補者の能力を最大限引き出し、候補者の志望度を高め、長い目で採用ブランディングにも繋がります。なぜ「候補者の体験」に拘るべきなのか、またどのように「体験」を効率的に高められるのか、専門的用語を理解し、実践的なアプローチ方法を考え、最適な導入方法を学びます。
    1. Candidate Experience(候補者の体験)とは
      1. Candidate Experience(候補者の体験)の定義づけ
      2. なぜ Candidate Experience(候補者の体験)を考えるのか
      3. Candidate Experience(候補者の体験)のもたらすインパクト
    2. Candidate Experience(候補者の体験)の導入
      1. はじめに - 採用チームのマインドセット
      2. 選考前 - インターンシップとエンゲージメント
      3. 選考中 - 採用プロセスと面接方法
      4. 選考後 - オンボーディングと内定後の施策
    1. Candidate Experience(候補者の体験)の落とし穴
      1. メリットとデメリット
      2. 強化実践において、気をつけるべき項目
    2. 最適な導入方法の検討・議論
      1. 採用課題の設定
      2. 採用課題に対する解決策としての Candidate Experience
      3. 現実的な導入プランの策定
    グーグル合同会社
    人事部
    採用チームマネージャー
    ⽟⽊ 尚宏

    PROFILE

    2014年より グーグル 日本法人新卒採用チームにて人事のキャリアをスタート。採用戦略、インターンシップ、アウトリーチ含め営業職とエンジニア職の新卒採用プログラム統括をそれぞれ3年ずつ経験。2019 年よりチームマネージャーとして日本と韓国の新卒採用をリード。2021年からは、採用マーケティングチームの日本韓国のマネージャーを担当。現職ではエンジニアから、クラウド、営業職採用含め包括的に日本と韓国のグーグルの組織成長、採用需要を見ながら、採用戦略や採用マーケティングを担当するチームを率いる。
  • 第6講

    座談会・懇親会

    202203下旬予定

Outlineコース概要

対象
企業内⼈事担当の⽅(社会⼈経験3年以上、人事担当者)
  • 第1講~第6講まで同一の受講者が参加することを原則とします。
  • 従業員数1,000名以上の企業様を想定した講義を展開します。
  • ⼈材サービス業など、業態によってはお申し込みをお断りする場合がございます。予めご了承ください。
会期
第1期:2022年1⽉〜2022年3⽉下旬(全6講) 
  • 日程は、都合により変更となる場合があります。予めご了承ください。
形式
第1講~第5講は、LIVE配信の参加型オンライン形式(Zoom)で開催します。
  • 事前にZoomのアプリケーションをご準備ください。
  • 各講義終了後、1週間程度「アーカイブ配信」を行います。
  • 第6講は確定次第、ご案内します。
修了証明書の発行
LIVE配信にて全6講すべての講義を受講された方には、修了証明書を授与します。
  • アーカイブ配信のみ視聴された講義は受講扱いとなりませんので、ぜひLIVE配信にて受講ください。
定員
40名
  • 定員に達し次第、締め切ります。お早めにお申し込みください。
  • 原則、1社2名までのお申込みとします。
料⾦
22万円(税別:20万円)
  • 1名あたりの参加費用です。
  • 研修費、資料費が含まれます。通信費・参考図書代は含まれません。
お申し込みについて
お申込み方法
受講をご希望の場合は、受講人数を下記問い合わせ先(運営事務局)にメールにてご連絡ください。メール受領から1営業日以内に、内容確認及びお申込み書類についてご連絡をさせていただきます。

申込締切:2022年1月12日(水) 17時
  • 締切前でも定員に達し次第、締め切ります。
主催
日本経済新聞社 人材教育事業ユニット

お問い合わせ先(運営事務局)
株式会社ワークス・ジャパン
日経ビジネススクール「採用変革リーダー養成講座」事務局
担当:上野・福澤
〒101-0044 東京都千代田区鍛冶町2-2-2
神田パークプラザ7階(受付2階)
Tel:03-5209-5012
Eメール:school@worksjapan.co.jp
(運営事務局の営業日は、土日祝、国民の休日、年末年始(12/281/4)を除く日となります)
ご請求に
ついて
受講料のお支払いにあたっては、初回の講座開催月に請求書を発行いたします。
  • 請求書は「原本郵送」にてお送りします。
    「PDFでのメール送付」をご希望の方は事務局へご連絡ください。
キャンセルポリシー
やむを得ず解約される場合は、運営事務局までご連絡ください。
申し込み後のキャンセルに関しては、以下の規定に基づき、キャンセル料金が発生いたします。
開催初日の30日前〜14日前まで参加費の30%
開催初日の13日前~4日前まで参加費の50%
開催初日の3日前~当日参加費の100%
開催初日以降の解約はお受けいたしかねます。

主催

日本経済新聞社 人材教育事業ユニット

運営事務局

Back to top